恵那の特産品

カステーラかすてーら

カステーラ

 小麦粉(こむぎこ)や卵(たまご)、砂糖(さとう)などの材料(ざいりょう)だけを使(つか)って仕上(しあ)げた素朴(そぼく)な伝統菓子(でんとうがし)。今(いま)でも昔(むかし)からの作(つく)り方(かた)が伝(つた)えられています。その特徴は、銅板造(どうばんづく)りの釜(かま)で、1本(ぽん)1本を炭火(すみび)と同(おな)じ300度の高温(こうおん)で焼(や)くところです。卵(たまご)をかき混(ま)ぜるときに石臼(いしうす)でゆっくり時間(じかん)をかけるため、身(み)が詰(つ)まるようです。室町時代(むろまちじだい)にポルトガルの宣教師(せんきょうし)によって長崎(ながさき)に伝(つた)えられたカステーラの原型(げんけい)をそのまま今(いま)に伝えるのは、岩村(いわむら)のみであるといわれています。