恵那の特産品

五平餅ごへいもち

五平餅

東濃地方(とうのうちほう)などで愛(あい)される「郷土(きょうど)の味覚(みかく)」。名前(なまえ)の由来(ゆらい)は「昔(むかし)、ある村(むら)の五平(ごへい)さんが作(つく)ったから五平(ごへい)餅(もち)」と、「山(やま)の神(かみ)さまに供(そな)えたのが御幣(ごへい)に似(に)ていたから御幣餅」という二つの説(せつ)に分かれます。形(かたち)は北部地域(ほくぶちいき)はだんご型(がた)が多(おお)く、南部地域(なんぶちいき)はわらじ型が中心(ちゅうしん)です。五平餅の主(おも)な材料(ざいりょう)はちょっと固(かた)めに炊(た)いたウルチ米(まい)。串(くし)を通(とお)したご飯(はん)のかたまりを遠火(とおび)で焼(や)き、タレをつけてこんがり焼き上(あ)げます。