恵那の特産品

栗きんとんくりきんとん

 

栗きんとん

東美濃地域(ひがしみのちいき)の特産(とくさん)恵那栗(えなぐり)などのクリをふんだんに使(つか)った上品(じょうひん)な秋(あき)の味覚(みかく)。クリと砂糖(さとう)で炊(た)き上げて、茶巾(ちゃきん)しぼりでクリの形(かたち)に整(ととの)えて作(つく)ります。9月(がつ)ごろから冬(ふゆ)にかけて手作(てづく)りで製造(せいぞう)されます。加茂郡(かもぐん)八百津町(やおつちょう)のお店(みせ)が製造(せいぞう)したのが最初(さいしょ)と言(い)われています。その後(ご)、中津川(なかつがわ)や大井(おおい)に伝(つた)わりました。市内(しない)では15軒(けん)以上(いじょう)の菓子屋(だがしや)が、伝統(でんとう)の製法(せいほう)で店ごとの個性(こせい)を出(だ)しています。