恵那の歴史

岩村電気軌道

いわむらでんききどう

岩村電気軌道

 岐阜県(ぎふけん)で最初(さいしょ)の電気軌道(でんききどう)。全国(ぜんこく)でも7番目(ばんめ)に工事(こうじ)を始(はじ)め15番目に開通(かいつう)した電車(でんしゃ)です。1902(明治(めいじ)35)年(ねん)の中央西線(ちゅうおうさいせん)開通で、商業(しょうぎょう)の中心(ちゅうしん)だった岩村(いわむら)を守(まも)るため、浅見(あさみ)与一(よいち)右衛門(えもん)が大井(おおい)・岩村間(いわむらかん)に鉄道(てつどう)を敷(し)いて、お客(きゃく)と貨物(かもつ)を運(はこ)ぶ計画(けいかく)を立(た)て、1906(明治39)年に完成(かんせい)しました。国鉄(こくてつ)明知線(あけちせん)の開通により、輸送量(ゆそうりょう)が減(へ)り、1935(昭和10)年に廃止(はいし)になりました。