恵那の偉人

浅見 与一右衛門
あさみ よいちえもん

1843年(天保14年)〜1924年(大正13年)

岩村電気軌道の開通

【関連(関連)リンクなど】

浅見与一右衛門

1843年(天保(てんぽう)14年)に、岩村町(いわむらちょう)の大庄屋(だいしょうや)の9代目(だいめ)として生(う)まれました。1906年(明治(めいじ)39年)に、自分(じぶん)の財産(ざいさん)を出して、岩村(いわむら)と大井(おおい)の間(あいだ)に、全国(ぜんこく)で15番目(ばんめ)となる電気軌道(でんききどう)を開通(かいつう)させました。
1924年(大正(たいしょう)13年)、81歳(さい)で死去(しきょ)しました。