恵那の偉人

佐藤 一斎さとう いっさい

1772年(安永元年)〜1859年(安政6年)

儒学者

【関連(関連)リンクなど】
日本の漢詩

佐藤一斎顕彰碑・座像

佐藤一斎

1772年(安永元年(あんえいがんねん))に、岩村藩(いわむらはん)の家老(かろう)佐藤信由(さとうよしのぶ)の次男(じなん)として生(う)まれました。江戸後期(えどじだいこうき)の儒学者(じゅがくしゃ)として活躍(かつやく)しました。
「昌平校(しょうへいこう)」の教授(きょうじゅ)で、著書(ちょしょ)は100を超(こ)え、特(とく)に「言志四録(げんししろく)」は有名(ゆうめい)です。
1859年(ねん)、88歳(さい)で死去(しきょ)しました。