恵那を知ろう

市の花(ササユリ)
しのはな(ささゆり)

【関連(関連)リンクなど】

原産地(げんさんち)は日本(にほん)。ユリ科(か)ユリ属(ぞく)で6月から7月にかけて花(はな)を咲(さ)かせます。「市の花(しのはな) ささゆり」は恵那市(えなし)の豊(ゆた)かな自然(しぜん)を象徴(しょうちょう)する花(はな)であり、広(ひろ)い恵那(えな)の野山(のやま)のどこにでも咲(さ)いている花(はな)の中(なか)から、優美(ゆうび)で清楚(せいそ)なイメージを持(も)ち、大切(たいせつ)な故郷(こきょう)の現在(げんざい)を見(み)つめ未来(みらい)を守(まも)る、そんな思(おも)いを込(こ)めたシンボルです。